Oracle Master Bronze DBA12cを受験して合格した話

どうも、しぐまです。

新卒でSEになり、今年で社会人3年目。日々の業務は常駐先の基幹システム保守で残業は大して無く、夜は割と自由な時間が多くなってきたので、業務で使っているOracle DataBaseの資格を取ることにした。

タイトルからも分かる通り、試験には無事合格できたので、個人的な所感でも書いていこうと思います。これから受験しようとしている人の参考になれば嬉しいです!

Oracle Masterについて

Oracle MasterってBronze、Silver、Gold、Platinumの計4つグレートがあるんですが、エントリーレベルのBronzeだけはDBAとSQLの2つの試験に合格しないといけないらしく、どちらから受験しようか迷った結果、DBAから勉強することにしてみました。(特に理由はなし)

DBAっていうのは簡単に言うとOracle DataBaseの管理者。つまり、Oracle DataBaseの管理者として必要な知識(例えばデータバックアップの取り方とかトラブル時のデータリカバリ方法など)が出題内容になります。自分の場合は普段の業務ではSQLこそ使うものの、簡単なデータ操作とかPL/SQLの開発をするくらいで、SQLの知識すら大したことない訳なので、改めて「Oracle DataBaseとは」ってところを勉強するのは何か新鮮な気分でした。

学習について

使用した参考書

勉強を始めるにあたり、前提知識など0に近い状態だったので、まずは参考書を1冊だけ購入しました。後から問題集も購入しようかと思ってたけど、結果的にはこの参考書1冊で試験に合格できました!

学習方法・内容

勉強法としては、初めに参考書全体の内容をゆっくり3週間くらいかけて読んでいきました。完璧に理解することは目指さず、ざっくりとしたイメージだけは頭に思い浮かぶレベルで理解していく感じで。ただ内容はそこまで難しくないので、参考書の内容をWebで検索するとかいう二度手間的なことはありませんでした。

参考書の内容を一通り読み終えた後は実際に問題を解いていきました。参考書にも問題は付属されてましたが、この段階では解かず、「オラクルマスターへの道」ってサイトの問題を解いていきました。このサイトでは実際の試験と同じ出題形式で、出題範囲も網羅されているので、本番の予行練習にもなります!(この試験を受けようとしてる人は自然と一度はお世話になってるんじゃないかな?)間違えた内容は必ず参考書で復習し、正しい知識を定着させていきました。

サイトの問題の正答率が80%くらいは安定して取れるようになってからは、黒本に付属している問題も並行して解いていきました。難易度はサイトの問題より参考書の方が高めで、実はふんわりとしか理解していなかった内容はこの辺であぶりだされていった気がします!

間違えた問題は同じように復習することを繰り返し、試験1ヵ月前に最初の1周を終え、その後はまたサイトの問題を解いていきました!試験前々日・試験前日には最終確認として、参考書の問題のもう一度1周分を解き終えました。

学習期間

  • 参考書の黙読:20日
  • 参考書付属の問題集・オラクルマスターへの道で演習:20日

計、40日くらい。

試験当日と受験結果

試験を受験しての手ごたえは自信の持てる回答が6割、あまり自信がない回答が3割、こんなん初めて見たわって問題が1割くらいでした。内容はメモリー管理とデータリカバリ辺りの内容が比較的多かった気がします。合格ラインが正答率77%って聞いてたので、こりゃ合格でも不合格でもギリギリだなという感触でした。

完全に言い訳ですが、実際に出題された問題で「SPFILEのパラメータをSQLコマンドで変更するとき、SCOPE句を省略するとデフォルトでは何が適用されるか」っていうのがあって、黒本で出たのは静的パラメータを変更するときの「SCOPE = SPFILE」だけだったから、「そんなの知るか!(笑)」って心の中で突っ込んでしまいました。(PS.この記事を書きながら本当に書いてなかったのか確認したら、下の注釈にちゃんと載ってました、バカは僕でした!)

そんな手ごたえだったので、正直合格してる自信はなかったんですが、受験後すぐに出た結果を見ると...

合格してるやんー!しかも正答率87%って...自分の感覚の頼りなさが酷い(泣)

合格ラインも77%じゃなくて70%だし...?!

あと見てわかる通り、間違えた問題は項目がリスト化されてお知らせされるだけなので、正解と解説は一切教えてくれません!なので、受験後の復習を考えているなら、間違えてそうな問題の内容は気合で記憶する必要があります!(笑)

終わりに

Oracle Master Bronze DBA12cをこれから受験する人にアドバイスするなら、上にも書いた通りメモリー管理データリカバリ辺りの内容は完璧にしておきましょう!実際の試験でもこの内容は多く出題されたので、ここを全問正解できるだけでもかなり得点は稼げると思います。

使用する参考書については、合格を目指すだけであれば上で紹介した参考書1冊で十分ですね。だた、余裕があれば問題集も購入して学習すると、上で挙げたような初見の問題もなくなるかもしれません。(実際に問題集の内容に目を通す機会が無かったので、絶対にとは言い切れませんが)

それじゃあ続いてSQLの勉強でもしますかね、会社から出る報奨金の為に←

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です